ガラリ戸の効果

四月も半ばになり、緩み始めた風が気持ちよかったので
久しぶりに全面ガラリ戸にしてみました。

反対側の窓も開けて、空気の流れを作ってみたら
風というか空気がゆっくり押し出されて
建物の中の空気が入れ替わっていく感覚でした。
窓から吹き付ける風という感覚がなく、
戸外にいるときの、そよそよとした風の雰囲気です。
空気が面で動いていると言えばいいんでしょうか。
これはいいです…

あと、ちょうど真昼の日光が差し込んでくる時間だったので
ガラリの直射日光のカット具合がどうなるか確認してみました。
e0158983_19494268.jpge0158983_19494551.jpg


近くで見てみると絶妙でして
ギリギリ室内には入ってこない角度です。
e0158983_1950717.jpg

これから夏にかけ、日射の角度は急になるだけなので
室内への直射日光はほとんど防げる様子です。
あとはデッキの温度上昇 次第ですかね。

また我が家の場合、北向きの土地で
西には隣家があるので西日対策も心配なし。

冬はOM、夏はガラリ。
エアコンを使わずに過ごしたい…。
この家は植栽が多いので蒸散効果も期待できますので
ゴーヤの緑のカーテンはやる必要があるか考え中です。
でも結局、食欲に負けて植えると思われます…。

ゴーヤおいしいぞー、おー。
[PR]
by hamahama77 | 2011-04-18 19:51 | お家


<< HIGASHIYA GINZA... 芽吹きの春 >>