浜松の折りたたみ椅子

e0158983_5131763.jpg
長らく欠品中だった「浜松の折りたたみ椅子」
スローハンドさんのところで見て以来
ずっと狙っていた椅子がようやく届きました。

思ってたよりは重い。
でも折りたたんだ状態だと持ちやすいので
そんなに運びにくいことはありません。

また折りたたむ時に指が挟まらないようにデザインされてるのか
特に意識しなくても、たたんでから持ち運びへの流れがスムーズです。
折りたたみ椅子って注意しないと
痛い目にあうことが多いんですけどこれならお気楽です。

座り心地も、脚が斜めに傾いでいるので
安定しないのではと心配しましたが問題なし。
思いっきり持たれかかっても大丈夫でした。
普段は趣味室で使いつつ
気候のいい季節にはデッキへ持ち出すつもりです。
今は寒いので室内オンリー。
とりあえず置いてみました。
e0158983_5131854.jpg


もちろん伊礼さん繋がりということで
吉村順三さんのたためる椅子も検討しましたが
フォルムの好みと、コストパフォーマンスでこちらにしました。

これといってはなんですが
家づくりの過程でけっこうな種類の椅子を試してきました。
伊礼さんの事務所やオープンハウスでもそうですが
その他の北欧関係の有名どころも結構座ってます。

浜松のマルス家具という店も結構な品揃え。
ヤコブセンのスワンチェアとか
国産のよさげな椅子とか色々揃ってます。

さらに浜松にはデニッシュインテリアスという
マニアックな椅子屋が存在してまして。
そこでは主に北欧の有名な椅子・ソファがゴロゴロ。
実際に座って感触を確かめられるのが凄いのです。
元々工場のようでして、その高い天井まで壁一面、
椅子が20脚近く展示してあったりと壮観です。
日本でも数脚しかないという
フィン・ユールのNo46とかいうソファも普通に座れます。
いろんな体勢を受け止めてくれる
不思議な座り心地のソファでした。
(※200万とかするそうです…)

そんな知ったかぶりをしたい盛りの
にわか椅子フェチな私からの感想を申し上げますと
十分に買いな一品かと思われます!(説得力皆無)

でも自宅にある深澤直人さんのHIROSHIMAや
小泉誠さんの Uチェアもとても座り心地がよいです。
椅子道楽とはよく言ったものですね…。
[PR]
by hamahama77 | 2010-12-29 05:06 | お気に入り


<< 新年 秋の茶房日々 >>