家に求めるもの

エコポイント、頂けるものは是非とも頂きたいのですけれど
最近はエコという言葉が無粋に感じてしまいます。
もともとは思想だったと思いますが
最近ではエコ商法しか聞かなくなった気がします。

我が家もエコといえばエコです。
今年の夏は、ゴーヤーのお陰もあって
エアコンつけたのは一週間程度でしたし
今も暖房あまりつけずに厚着で凌いでます。
調味料も添加物入っていないものを使い(これがおいしい!)、
野菜はなるべく葉っぱから皮まで使い切る。
出汁をとった後の鰹節はフリカケに。
マイボトルも毎日持参してるし
ご飯は土鍋で炊いてます(これは関係ないか)
掃除も来年からは箒と雑巾がけにしてしまうつもりです。

でもエコだからという理由ではなく
その方が気持ちいいし美味しいし
おまけに経済的だからです。
結果的にエコと言われる範疇になってますが
個人的にはエコはどうでもよかったりします(汗)

結局、自分が心地良いと感じることに敏感であろうとしただけでした。

今回の家作りを巡る動きの中での大きな収穫は
自分がごくごく普通の暮らしを一番望んでいるのだなと気づけたことです。

それはハウスメーカーの住宅への違和感から始まり
古い建物や暮らしへの傾倒の確認であり
家庭菜園や植物を育てる楽しみ、
食べるものへの拘り(食い意地)でした。

いつからか家のイメージは機能ではなく、
家で過ごす時間がなにより気持ちよくあることとなっていました。

趣味やイベントもいいけど
日常をいかに心地良く過ごせるか。
そこが大事なんだなと強く感じています。
それを実現できる人達に出会えたことには唯々感謝です。

今、出来上がるであろう家を想像すると
いろいろな場所でぼーっと過ごしている姿が浮かんできます。
うーん、我ながら全然やる気ない感じですねぇ(笑)

でも、そういうのがいいな。

にほんブログ村 住まいブログへ

[PR]
by hamahama77 | 2009-12-10 22:26


<< デスクライト、FLOS の B... 住宅版エコポイント >>