餅とベーコンの磯辺焼きと凹んだ友人

e0158983_23174329.jpg

突然ですが名古屋に行ってきました。
実に三ヶ月ぶりです。

ついでに大学時代の友人と連絡をとり
軽く飲むことになりました。
なんかちょうど凹んでいたらしく
速攻でメールが返ってきたのには苦笑しましたが。

名古屋駅すぐの「かこいや」という
日本酒と梅酒が結構揃っているお店で
餅とベーコンの磯辺焼きなるものに遭遇。
ありそうで見たことがないのでオーダーしました。

シンプルでいいかもしれない…
と思ってたらマスタードがあったのでつけてみると
これがおいしい! ちょっと意外な組み合わせ。
今度作ってみるための覚え書きとして
ブログにアップしておきます。


話は戻って…
友人が凹んでいた件については
原因がいくつか重なってて
そうそう直ぐに解決するのは難しそうでした。
そりゃ苦しいわけです…

今の自分にできないことは
どうがんばってもできない。
それが辛いならば、やれるようになるしかない。
漫然とではなく、課題を明確にして潰していく。
そういう具体的なアクションに入るための
大事なステップと考えて、
今は甘んじて諦めるしかないんじゃないのかなという感じの話でした。

言い換えると
自分自身や他人からの期待値が
現状値を越えているから苦しい。
そのギャップは当然、
自分を突き動かす原動力にもなること。

でも、それもひとつに集中できればの話。
いくつかタイミングが重なると
すごく重い枷になってしまう。
複数のギャップを一気に抱えたり
片付けたりできる人は多くない。
ちなみに私にはできません。

なら、ひとつを諦めよう。
後回しにするか、切り捨ててしまおう。
それも自分を守るためのやり方でしょう。

決断自体もかなり辛いので
それをポジティブに繋げられるかが
課題ではありますが
抱え続けて疲弊する方が個人的には怖いです。
ポジティブに動けるうちに動く。
早めに手を打たずに引きずってくと
後になるほどダメージは大きい…。
だから決断のリミットを決めておく。

そんな話をしてたら
軽くのはずが最終の新幹線に…

人に話すことで楽になることも多いですし、
こういう一般論は分かってても
人から意識レベルを上げて話されると
また違うかなと思ったので話してきました。
「わかっちゃいるけどやれない」を
「なんとかやる手段を探り出す」にしないといけないということ。
大きなお世話かもしれませんけどね…

あまりブログに書くようでないことまで
うだうだと書いてしまいましたが
次の名古屋行きまでに
すっきりしていることをただ祈るだけです…
[PR]
by hamahama77 | 2009-11-17 23:17 | 出来事


<< 古い家 今年も東京通い >>