覚悟の決め方

今日は減額案の決断をするために
家で一日過ごすことに決めました。
妻と話しながら最後の心づもりを確認していきます。

頭だけでなく手も動かしながらの方がいいだろうと思いまして
時間のかかる料理を作りながらやっていました。
昼くらいからは料理人酒も使用しながらです(笑)

とりあえず定番の豚ロースの幽庵漬け。
豚ロースの固まり肉に塩、黒こしょう、すりおろしたニンニクをすりこんで
20分くらい味をしみ込ませます。
あとはオーブンで200度20分、180度20分。
それを醤油、みりん、酒、柚子の輪切りの幽庵だれに
漬け込むこと1時間〜2時間。

できあがったら薄くスライスして
ネギ、ミョウガなどお好きな薬味と一緒に食べます。
これに柚子胡椒やワサビを乗っけて食べるとお酒も進みます。
お昼にいただきました。

あとは以前から作ってみたかった
東京カリ〜番長の「香り高きポークカレー」です。
dancyu という雑誌の特集に載っていたレシピでやりました。

レシピ自体は簡単で、豚バラブロックに塩こしょうをふって、
梅酒、ショウガ、ニンニク、醤油のタレに揉み込むこと2時間以上。
あとは脂をじっくり引き出すように火を通し(これが一番大事)
すり鉢でホールの黒こしょうを荒く潰したのを合わせ、タマネギ投入。
あとは通常の家庭カレーと一緒で、1時間煮込んだらルーを溶かす。
最後にほうれん草投入でおしまい。
漬け込み時間を含めると、トータル4時間ぐらい(笑)
休みじゃなきゃできません。

晩に実食してみました…って普通のカレー?
と思ったら豚脂の旨味が後から来ました。
柔らかくなった肉からは、黒こしょうのパンチは当然として
なんかじんわりとやってくる甘みが…これが梅酒の効果なんでしょうか。
いやいやウマい! 嫁さんも絶賛でした。
スパイス使わずにここまでできれば大満足です。

ついでに子供もパクパク食べて、お代わりまでしました。
…って普通に中辛なんですけど、なんで食べれるんでしょうかね…?
我が娘ながら子供らしからぬ味覚です(ゴーヤ食べれますしね…)

今日は肉ばっかりのメニューだったからこそですが
「時間がおいしくしてくれる」という言葉を再度感じました。
やっぱりここは手抜きできないなぁ…

まあそんなこんなで、
ぐつぐつする鍋のカレーを眺めながら
頭の中もぐつぐつしてた一日でした。

伊礼さんとこからだけでなく、スローハンドさんからも
かなり細かく減額案を引っぱりだしていただきまして
可能性のあるものは全て俎上にのせることができました。

一生に一度のことなので
納得いく気持ちで決断したかったのです。
悩む&細かい施主で申し訳ないです…。
本当にありがとうございました。

いろいろなアドバイスや提案の中で
自分たちの大事と思うもの、
譲れないと感じるところ、
後押ししてもらいたかったところ、
どうしても捨てがたいものが分かってきました。

惚れたからには突き通す。
覚悟を決めました。




でも一晩寝かせてから連絡する予定です。
やはり何事も熟成が大事です(笑)

にほんブログ村 住まいブログへ

[PR]
by hamahama77 | 2009-11-01 22:31 | お家


<< 近所の秋 そとん壁かOMか >>