緑との関わり方

仕事で行ってるオフィスビルの話です。

二階の待合ロビーが全面ガラス張りで
中庭のシマトネリコが10本くらい眺められます。
なかなか見事なのに気持ちいいとは言えないのです。
逆になぜか息苦しいくらい。

そんなとき、どっかのブログに同じことを感じた人がいて
曰く「日差しを断熱ガラスで対処できたからといって、
外部と断絶すると耐えられない」といった主旨のことが
かいてありました(うろ覚え…)

これはなるほどと思いました。
閉じた快適な空間から、
別世界に生きるものを観賞してたんだと。
壁一面のディスプレイみてるようなもんなんでしょう。

木といる空間を気持ちよいと感じるときは
風も音も匂いも光も空気も
同じ空間にいるから
触ってなくても触れ合っている感じがする。

外部を閉じてしまうと
たぶん「きれいだな」とは思えても
「気持ちいいな」とは思えない。
そんなところも経験して
いろいろ考えてると納得できてくる。

と、気持ちよくない二階の待合ロビーで書いてます。
[PR]
by hamahama77 | 2009-07-07 23:19 | 出来事


<< 緑のカーテン 設計の最終打ち合わせ >>